“一度は行ってみたい” 地球上で最も壮大なレイヴパーティーの開催地 トップ10

大音量の音楽を聴いて爽快に踊れる場所は、街中の巨大ナイトクラブや放棄された倉庫ばかりじゃない。

世界のレイヴパーティーは、考えられるすべての場所で開催されている。
映画の舞台セットとなった場所やジャングルの奥地、そして世界遺産地など、巨大なスピーカーが持ち込める場所であれば、どこであろうとパーティーは行われている。

屋外でのパーティーを楽しむ夏もすぐそこまで来ているので、今回は地球上で最も壮大な屋外レイヴパーティーの開催地トップ10をご紹介していきたいと思う。

人生は一度きり。

一度は行ってみたい10のレイヴパーティーリストはこちら。

10.【映画スターウォーズの舞台セット】
Les Dunes Electroniques

チュニジア・オングジュメル (Onk Jmel, Tunisia)

チュニジアのオングジュメルは、スターウォーズエピソードIVでダースヴェーダーになる前の若きスカイウォーカーが住んでいた星、タトゥイーンの舞台セットとして使用された砂漠の土地だ。
ここオングジュメルでは、毎年 Les Dunes Electronique Festival というエレクトロニックミュージックフェスティバルが開催されている。
スターウォーズファンには、たまらないレイヴパーティーかもしれない。

 

9.【ブラックロック砂漠】
Burning man

アメリカ・ネヴァダ(Nevada, USA)

アメリカ・ネヴァダ州のブラックロック砂漠で開催されるフェスティバルといえば、あの世界的に有名な Burning Man Festival だ。
Burning Man Festival は、1986年にサンフランシスコから始まったフェスだが、その後ネヴァダの砂漠のど真ん中へと会場が移されていった。
ゴーグルを付けなければ、目も開けれない砂嵐で参加者が減ると思ったら大間違い。Burning Manへの参加者は毎年増え続け、その勢いは止まるところを知らない。
昨年2014年に開催されたフェスティバルには、6万5千人もの人々が参加したと言われている。

 

8.【ペトロヴァラディン要塞】
Exit Festival

セルビア・ノヴィ サド(Novi Sad, Serbia)

重要な歴史背景がある要塞でのレイヴは、何か特別なものを感じることになるだろう。
ここペトロヴァラディンは、1716年にプリンツ・オイゲンがオスマン帝国の軍を打ち破ったペーターヴァルダインの戦いで、主戦場となった場所だ。
現在は、伝説的なセルビアの音楽フェスティバル EXIT Festival の開催地となっており、世界中のレイヴァー達からも注目されている場所だ。
美しいドナウ川のほとりに囲まれた、何百年もの歴史が残る要塞のオーラは、ここペトロヴァラディンから消え去ることはない。

 

7. 【オステンド ビーチ】
Ostend Beach

ベルギー・オステンド(Ostend, Belgium)

毎年7月にもなると、普段は静かな小さな町オステンドが、リゾート地として家族連れの観光客で賑わう。
そして、オステンドは、この時期に開催される Ostend Beach Music Festival というダンスミュージックフェスティバルの開催地としても知られている町だ。
5年目を迎えるこのフェスティバルは、これまで毎年80以上もの音楽ライブショーを行い、質の高いミュージックフェスティバルとして知名度を上げてきた。
今年の7月も、多くのライブやDjセットが期待できそうだ。
夏のシーズンに、この付近を旅行する機会があれば、この Ostend Beach Music Festival に足を運んでみるのも良いかもしれない。

 

6.【ブルー ヴェナード】 
BPM

メキシコ・プライヤ デル カルメン(Playa Del Carman, Mexico)

白い砂浜とターコイズブルーの海、世界で最も美しい海の一つと言われるカリブ海で開催されるフェスティバルは、BPM Festivalだ。
人里離れた美しいブルーヴェナードのビーチまでは、リゾート地プライヤ デル カルメンの街から車で25分足らずで行く事ができるのも、この BPM Festival の人気が高まった理由の一つだろう。
ダンスフロアーは、日中の暑さを凌ぐため完全に遮光されてはいるものの、夕方になると、ユカタン半島の美しい夕日の光がフロアで踊る人々を幻想的に照らす。
ビーチサイドにはサンベッド等も用意されており、朝方にはカリブ海から昇る朝日を世界トップクラスのDJセット共に満喫することになる。

 

5.【フォート プンタ クリスト】
Dimensions,Outlook
クロアチア・プーラ (Pula, Croatia)

2000年以上も前から残る古代遺跡、円形競技場と要塞跡地。そして、透明度の高い美しいアドリア海のビーチ。
観光で訪れるだけでも十分満足できそうなこの場所に、大音量の音楽が鳴り響く。
クロアチアのプーラで開催される Dimensions FestivalOutlook Festival は、この魅力的な環境と非常に質の高いアーティストのラインナップで、今日、世界中のレイヴァー達に注目されるフェスティバルとなった。
様々な音楽ジャンルに焦点が当てらるこのフェスティバルだが、注目はもちろん、アンダーグラウンドなハウスミュージックやテクノミュージックのディープな音楽だ。

 

4.【ダルトヴィラ】
IMS Ibiza

スペイン・イビサ(Ibiza, Spain)

ユネスコ世界遺産にも選ばれるイビサ島のダルトヴィラ。
丘から見える景色は、青い海に囲まれたイビサ島のエキゾチックな白い旧市街の町並み。
IMS(International Music Summit) Ibizaが、この丘の上で開催するフェスティバルでは、Sven Väth、Carl Cox、Seth Troxlerなどの世界トップクラスのDJ達がプレイをする。
丘から見えるイビサ島の絶景を前に、爆音で鳴り響くテクノミュージックで踊れば、きっと一生忘れられない経験となるだろう。

3.【オルスラ公園】
Orsula

クロアチア・ドブロブニク(Dubrovnik, Croatia)

クロアチアのドブロブニクの丘にあるオルスラ公園には、聖人オルスラを称えるために14世紀に建てられた重要な教会が今でもその形を残している。
高さ200メートルもの丘の上からは、美しいアドリア海とその景色を一層引き立てる孤島、そしてドブロニクの旧市街の絶景を見ることが出来る。
ここオルスラ公園で開催される Park Orsula Music Festival や Lost In A Moment では、この絶景を前にエレクトロニックミュージックから、オルタナティブロック、ブルース、ジャズ、フォークミュージックなどの幅広いジャンルの音楽のライブショーが行われる。
ここ日本でも注目度が高まっている観光地ドブロブニクだが、遥々遠いドブロニクまで行くのであれば、このオルスラ公園で開催されるフェスティバルにも参加したい。
50代から70代までの人達が聴いて育った音楽イベントも開催されるため、家族と一緒に参加できれば、とても良い思い出になるはずだ。

 

2.【レッドロック屋外劇場】
Red Rocks

アメリカ・モリソン ( Morrison, USA)

コロラド州デンバーから少し離れた場所に、自然現象によって創られた世界で唯一の屋外劇場、Red Rocksが存在する。
赤茶色の一枚岩に囲まれたこの劇場では、自然が織りなす完璧な音の反響効果を楽しむことができる。そして、ライブステージ後方にはデンバーの美しい夜景が広がる。
これまで 、The Grateful Dead や U2 などのモンスターアーティスト達が、この場所でライブを行ってきた。
2007年に行われた Daft Punk によるライブでは、8000人以上もの人々が熱狂し今でも伝説として語り継がれている。

 

1.【シークレット ソルスティス】
Secret Solstice

アイスランド・レイキャビク(Reykjavik, Iceland)

この地球上で最北に位置する首都、レイキャビクで開催されるSecret Solstice Festival は、北半球の夏を最も楽しめるフェスティバルといえるだろう。
なぜ、このレイキャビクのフェスティバルがそれほどまで魅力的なのか、その理由はやはりアイスランドの夏の白夜だ。
3日間(72時間)にわたって開催されるこのフェスだが、深夜の3時になっても暗くなることはない。
まるで童話やファンタジーの世界にいるように感じさせてくれるこの白夜現象の中で、心地よく音楽を楽しめる屋外フェスティバルには一度行ってみたい。
もっとも….明るかろうと暗かろうと、フェスの最中にまともな睡眠をとっている人は少なそうだ…
フェスティバルの後は、手つかずの大自然が広がるアイスランドの観光を満喫するのも良いだろう。

 

その他、世界のフェス情報はこちらから

By | 2016-02-22T05:11:47+00:00 2月 19th, 2016|MUSIC, Blog|“一度は行ってみたい” 地球上で最も壮大なレイヴパーティーの開催地 トップ10 はコメントを受け付けていません。