メキシコ・トゥルム政府 トゥルムでのレイヴパーティーを来年度から禁止する意向

毎年、年明け1月にメキシコのプライヤ・デル・カルメンで開催されるBPM FESTIVALは、今世界で最も注目される音楽フェスティバルの一つ。

bpm

そして、このBPM FESTIVALの影響もあり、ここ数年プライヤ・デル・カルメンから、車で約1時間ほど南に位置する町トゥルムでも、アンオフィシャルなレイヴパーティーが多数開催されようになった。

トゥルムは、欧米人に人気の観光地で、透明度が高いコバルトブルーのカリブ海のビーチのすぐ側に、マヤ文明の遺跡が静かにそびえ建つことで有名な町だ。

陸地に入れば、突如ジャングルの中に遺跡が存在する様なとても神秘的な場所で、レイヴパーティーには正に絶好のロケーションだった。
しかし、残念なことに、今年2016年を最後にトゥルムでのレイヴパーティーは禁止される事になる。

トゥルムホテル協会会長Roberto Palazuelos Badeuxによると、深夜帯の渋滞増加や、早朝まで行われるパーティーからの音が、本来静かなホリデースポットであるトゥルムが持つべきピースな環境を崩し始めていると言う。

レイヴパーティーを開催するには、とても魅力的な場所だっただけに少し悔やまれるが、本拠地プライヤ・デル・カルメンのBPM FESTIVALは来年も継続して開催されるので、ご心配なく。

By | 2016-05-18T02:20:28+00:00 5月 18th, 2016|MUSIC, News, Blog|メキシコ・トゥルム政府 トゥルムでのレイヴパーティーを来年度から禁止する意向 はコメントを受け付けていません。