Pacha FESTIVAL TOKYOの開催 そして、40年以上も人気が衰えないクラブ PACHAとは 


BLOG : PACHA FESTIVAL TOKYOの開催 そして、40年以上も人気が衰えないクラブ PACHAとは 

既にご存知の方も多いと思うが、世界のダンスミュージック・シーンにおいて最も重要な島、Ibiza島の老舗クラブPACHAが、来たる5月3日(火・祝)に、ここ日本で PACHA FESTIVAL TOKYO を開催する。

1973年にIbiza島にオープンして以来、Ibizaで最も古いクラブの一つとして知られ、これまで数え切れない数の人々に最高峰のエンターテイメント「Ibizaの衝撃」を発信してきたPACHA。

40年以上もIbizaのトップクラブとして君臨し、世界中で注目される音楽情報誌”DJ MAG”のTOP CLUBランキングにおいて8年連続TOP10入り、これほどまでに人々を虜にし、今だに人気が衰えないPACHAの魅力とは一体何なのか。

Pacha Ibiza

今回は、Ibiza島の歴史と共にPACHAの魅力を探る。

 

PACHAは、1967年スペイン・バルセロナ郊外のシッチェスに、創始者Ricardo Urgellによりオープンされたのがはじまりだ。

このシッチェスという町は、地中海を臨む美しい海岸が連なり、夏期には観光客で賑わうリゾート地で国際的にも有名な映画祭や、カーニバルを開催する文化都市としても知られる。
そして、国際色豊かな都市としても知られ、住民の約35%がヨーロッパの他地域の出身者で占められている。
そんな創造的な活動があふれる町で、このPACHAは生まれた。

そのわずか6年後、1973年にPACHAは、ヨーロッパのヒッピー文化の中心地、Ibiza島に「PACHA IBIZA」をオープンする。
これが現在に至る、世界のダンスミュージック・シーンにおいて、最も重要な一つの特別な島「Ibizaのはじまり」と言っても過言ではないだろう。

PACHA-IBIZA-1973

1980年代の終わりには、Ibiza島で息づいていた`Balearic`(バレアリック)と呼ばれる自由な文化や、Ibizaのクラブが持つ享楽的なVIBEが、英国を中心にその他ヨーロッパ諸国の若者達に衝撃を与え、伝染していく。

そして、Ibiza島は地中海に浮かぶ開放的なParty Islandとして爆発的な発展を遂げることになる。

【70年代、80年代 – Ibizaの様子】

Ibiza 70`s 3

Ibiza 70`s 2

Ibiza 70`s 4

Ibiza 80`s

ibiza-80s

そして、現在…
Ibiza島はモダンで在りながら歴史が漂う、世界で最も重要なダンスミュージック、そして、クラブカルチャーの聖地となる。

Dalt Vila 2
Dalt Vila – International Music Summit
pacha-ibiza
PACHA IBIZA
Amnesia Ibiza
AMNESIA IBIZA

 

5月〜9月頃までのシーズン中、世界最高峰のクラブで毎晩のようにパーティーが繰り広げられるIbiza島。

そして、初めてIbizaのフロアで踊る人々は、必ずこう感じる…
「このフロアにある特別なVIBEは、Ibiza以外、世界中のどこにもない。」と…

朝方6時にクラブのパーティーが終われば、その後は、島の別な場所で行われるアフターパーティーでトップDJ達がプレイを続けることも多く、パーティーは、ほとんど24時間続いている。

そんなパーティー島の聖地でトップクラブとして君臨するのが、PACHAだ。

 

ここ数年も、PACHAは他クラブの追随を許さない圧倒的な存在感を相変わらず発揮している。

それは、PACHAが開催するパーティーをみれば一目瞭然だ。

昨年は、Steve Aokiがレジデントを務める「Aoki’s Playhouse」の開催。
今シーズンも継続されるEDM界のキングDAVID GUETTAがレジデントを務めるパーティー「F*** Me I’m Famous」。
Bob Sinclarがレジデントを務めるパーティー「Pure Pacha-Paris By Night」。
そして、洒落た音と共に官能的なグルーヴを生み出すことで絶大な人気を誇る、あのMartin Solveigによるパーティー「My House」。
まさに世界中のクラブが、喉から手が出るほど欲しがるトップアーティスト達が毎週PACHAでプレイをする。

アンダーグランドシーンにおいては、
フロアを裏切らない確実な選曲で、世界中のミュージックラヴァーから絶大な支持を受けているSolomunがレジデントを務めるパーティー「Solomun +1」が、昨シーズンまで大成功をおさめている。
今シーズンは、LucianoとCadenzaファミリーのパーティー「Vagabundos」の復活。
そして、RA Poll: Top DJs of 2015 で見事にNo.2の地位を獲得している Maceo Plex が、新しいパーティー「Mosaic」でPACHAのレジデントを務める事が決定している。

当然、PACHAのフロアは毎晩超満員となるわけだ。

 

FESTIVALにおいては、オランダ・アムステルダムで開催されているPACHA FESTIVAL AMSTERDAMで、本国Ibiza島のVIBEを見事にアムステルダムのダンスミュージックシーンに伝えている。

 

 

そして、今年の5月3日、PACHA FESTIVAL TOKYOがやってくる…

本来Ibiza島まで行かなければ体感できないPACHAのVIBEを、アジアで唯一、この東京で味わえる。

既に発表されているラインナップには、PACHA IBIZAのパーティー「My House」でレジデントを務めるMARTIN SOLVEIG、そして、長年Ibizaの様々なパーティーでレジデントを務めてきているBASEMENT JAXXの名が挙がっている。

今後、追加で発表されるラインナップも、PACHAにしか揃えられない、Ibizaのフロアを知り尽くしたモンスターアーティストの名が確実に挙がることだろう。

 

世界最高峰のParty Island で、40年以上も不動の地位を築く本場のクラブカルチャーを体感できるこのチャンスは、絶対に逃せない!

この春、Ibiza島の「Red Cherry」 が日本にパーティーの花を咲かす!

pachafestivaltokyo_top

PACHA FESTIVAL TOKYO 2016
2016年5月3日(火・祝)OPEN / START 11:00
会場:東京都 晴海客船ターミナル

Line Up:
MARTIN SOLVEIG
BASEMENT JAXX(DJ SET)
…and more to be announced!

チケットの購入、さらに詳しいフェスティバル情報は、こちらPACHA FESTIVAL TOKYO オフィシャルサイトから。

なお、フェスティバルに関連する最新情報は、PACHA FESTIVAL TOKYO Facebook ページをフォロー。

Don`t miss it !!!

Previous 深海の世界は私たちの想像以上に色々の音に満ち溢れている
Next 「音楽は人々を幸せにできますか?」... Yes ! !