NUMARK が TT250 USB ターンテーブルを発表


先日、ニュージャージーで行われたDJエキスポで、Numark社が新しいダイレクトドライブ式のターンテーブル、TT250USBを発表した。

クォーツ制御のハイトルクなダイレクト・ドライブ・モーター、安定性のある重いアルミダイキャストの盤石、レコードの溝を正確にトラッキングするS字型トーンアームが搭載されており、スクラッチにも十分対応出来る作りとなっている。
また、ピッチ可変範囲は±10%と、Pioneerの1200 MK2よりも若干幅広い設定となっている様だ。

そして、このターンテーブルの一番の魅力は、USBで接続しオーディオをデジタルに変換することが出来る機能が備えられている点だろう。

このTT250USBの希望小売価格は、300ドル(約36,000円)。
Numark社より、近日発売予定となっている。

昔は、Technicsのターンテーブルを2台揃えるために、一生懸命お金を貯めたものだ。

Numark社が、最高品質と呼ぶTT250USBターンテーブルだが、正直、Technics SL-1200シリーズとあまり見分けがつかない。
しかし、価格帯においては、十分に見分けが付く安価な設定となっているのは確か。

もし、この価格帯で、全く問題なく、レコードでミックスする事が出来るターンテーブルを手に入れられるのなら、これからレコードでDJを始める人にとっては、ファーストステップとして、嬉しい限りのターンテーブルとなるだろう。

取りあえず、販売されたら実際に触ってみたいところ。

TT250USB_homepage

Previous The Eye Candy Collection 7
Next Jack J - Thirstin'