ダウンロードする音楽と「形に残る」音楽


BLOG : ダウンロードする音楽と「形に残る」音楽

近年、急速にインターネットが普及し、私たちはネット上で音楽を聴く機会が増えた。

ポケットに入っているスマホを取り出してネットに接続すれば、YoutubeやSoundCloudから無料で音楽を聴くことも、iTuneやBeatportにアクセスすれば、その場ですぐに欲しい楽曲をダウンロードし、購入することだって出来る時代になった。

そこで、今の様にネットが普及していなかった少し前の時代を思い出してみたい。

あの頃、私たちは良い音楽を求めて街のお店へと足を運び、視聴し、欲しいと思ったレコードやCDがあれば、実際にその物体を自分の手に取ってレジカウンターへと持って行き、『形に残る』物として音楽を買っていた。

新しいCDを買った満足感に包まれながら家へ帰り、早速そのCDを袋から手で取り出し、改めてジャケットのデザインを見つめながら、プレーヤーにセットして音楽を聴いた。
そして、アルバムを十分に楽しんだ後は、自分のコレクションが揃う棚へとしまう。
音楽を買ってから自分の部屋に戻って聴くまで、あの頃はちょっとした作業行動が伴った。
(もちろん、今でもこういった形でレコードやCDを購入して音楽を楽しんでいる人は多い。)

では、ネットで音楽を購入し、音楽ファイルをダウンロードする場合はどうだろう。
わざわざ電車に乗ってお店へ行かなくとも、座っている椅子から立つこともなく、ワンクリックで私たちのパソコンの中にある”棚”プレイリストへ買ったばかりの楽曲が一瞬で移動される。
ここでの、音楽を購入して聴くまでの作業行動は、目と指を動かすだけになった。

iTune music playlist

 

確かに膨大な数の楽曲を持ち歩かなければいけないDJにとっては、音楽をファイルで持ち運びすることは非常に便利だ。昔の様に、わざわざレコードやCDが何十枚も入った重いケースをカートで引きずり、クラブへ移動する必要はなくなった。また、収納においても、部屋のスペースをとるレコードやCDを保管する場所だって必要ない。

しかし、ここで問われるのは、ネットからダウンロードして購入した音楽と、お店まで足を運んで購入したレコードやCDなどの『形に残る』音楽との、価値の違い。
そして、絶対に忘れない名曲は別として、私たちの記憶に、より長く残る音楽はどちらだろう…

これまで、ネットで音楽をダウンロードしてきて、こんな経験はないだろうか。

・1年以上前にダウンロードした曲のタイトル文字を見つめても、どんな曲だったのか聴かないと思い出せない。
・リズムやメロディー、曲の内容は覚えているのに曲名やアーティスト名が思い出せず、その曲を探し出せない。
・パソコンのプレイリストを整理する為に、最近聴かなくなった多くの曲をハードディスクへと移動させたが、しばらくしてその曲の存在すら忘れてしまう。

ファイルで管理している膨大な数の楽曲の中から聴きたい楽曲を探し出す時、どうしても曲のタイトルやアーティスト名、アルバム名やプレイリスト名、そして、小さなアルバムアートワークの記憶だけが頼りになってしまい、少し苦戦した経験はないだろうか。

この時、実際に自分の手で触ったCDケースの感触だったり、すぐ側に立て掛けておいたジャケットの色やデザイン、いつも自分の目で見ている部屋の棚にしまったレコードやCDの位置などの記憶には頼れない。

今、私たちは、ワンクリックで簡単にダウンロードした音楽に、どれだけの価値を見出せているのだろうか。
そして、その音楽を本当に大切に出来ているのだろうか。

こういった点を考えると、日本で注目されるレーべル Aubele の音楽の紹介の仕方には、とても興味を惹かれる。
彼らは、『形に残る』音楽を意識して、少し凝ったケースに収めたCDをリリースしている。

CDが入るケースは、ただのプラスティックケースではなく、日本古来より贈答品や美術品を納める為に活用されてきた桐箱。
そして、この桐箱の周りには真田紐といわれる鎌倉時代から伝わる日本の伝統的な紐が結ばれていて、箱を開けると美しい和柄がプリントされたCDと折り紙を入れている。

Aubele 桐箱

Aubele 桐箱 4

Aubele 桐箱 5

Aubele 桐箱 3

Aubele 桐箱 6

 

仮に、全く同じアルバムを、一瞬でパソコンの中に移動される音楽ファイルでダウンロードするのと、この様に、見た目と形に凝ったCDケースの中に入ったアルバムを手に取って購入した場合、同じ音楽でも、どちらの音楽が私たちの記憶に長く残るだろう。

便利さが追求され、ネットからのダウンロードが主流となりつつある時代に、『形に残る』音楽として、その音楽への価値を少しでも高めようとするアイディアは、音楽を記憶するための、日本人の「おもてなし」の様にも感じる。

こういったアイディアは、改めて今の時代に生きる私たちに、音楽を大切に聴くことであったり、今後も自分達の中で守るべき音楽への価値感について考えさせてくれる。

ここ最近、ついついネットからの音楽ファイルのダウンロードが続き、自分が持つ音楽に対する価値感を見失いかけていると感じる人は、レコード屋に足を運んでみてはどうだろうか。

そこには、記憶に残る作業行動、そして『形に残る』音楽がある。

 

FYI
上記でご紹介したAubeleによる桐箱シリーズの詳細はこちらから。

V.A.  AUBELE KIRIBAKO COMPILATION

TECHNIQUE – V.A.AUBELE KIRIBAKO COMPILATION

Previous Silvia Caruso
Next EDM界のトップDJ NICKY ROMERO 不安障害を告白