警告!年始からイギリスに出回る「キラーエクスタシー」


NEWS: 警告!年始からイギリスに出回る「キラーエクスタシー」

現在、イギリスでは非常に危険なエクスタシーが出回っている模様。

オランダの国章、ライオンのイメージが刻まれたこのオレンジ色のピルが、今イギリスの市場に出回っている「キラーエクスタシー」として警告されている。

dutch-lion

先日、バーミングガムのクラブで行われていたカウントダウンパーティーの後、この「キラーエクスタシー」を摂取したとされる男女5人が病院へ緊急搬送され、一人は危篤状態となった。
また、リバープールでも、同様と思われるピルを摂取した二人のクラバーが死亡している。

警察は、直ちに事故の原因と考えられるこの「キラーエクスタシー」の警告を発し、このピルを摂取し、少しでも体調不良を感じた場合は、至急、救急車を要請するよう求めている。

関係者の情報によると、製造者がそのブランドの人気を確立する為に、通常のピルより、より一層強力なピルを混ぜて、市場に出回らせているのではないかと考えられている。

ここ数年ヨーロッパで出回るエクスタシーは、過去の物に比べてMDMAの量が多く、イギリス国内に限らず昨年も同じような事故がヨーロッパで起きている。

ドラッグ先進国オランダでは、危険な薬物が市場に出回ってる場合、直ちに下記の写真の様に街通りの電光掲示板などで警告を促している。

Amsterdam-cocaine-_3119834b

 

ここ日本でも、危険ドラッグにより多数の死者が出ている。
命に関わるような危険性のあるドラッグ、また意識を失ってしまう状態に陥る可能性のあるドラッグが市場に出回っているのであれば、ここ日本も警察などの行政機関が堂々と街の掲示板などで、敏速に警告を促すことで、ユーザーによる事故を少しでも回避できるように思う。

警視庁の「危険ドラッグ撲滅」のウェブサイトを見ても、ももクロと警視庁音楽隊とのコラボライブで「撲滅するゼーット!!」と掲げたキャンペーンを行っているようだが、このやり方で本当に危険ドラッグによる事故を未然に防げるのだろうか。

これでは、実際にドラッグを使用しているユーザー達に、本当に危険な「危険ドラッグ」の情報を伝えることは出来ない。

事故を起こしかねない高いリスクがあるドラッグと分かれば、ユーザー達もそんな物には手を出さないのではないだろうか。

Previous Rinse FM Podcast - Tiga - 1st January 2016
Next クラブで友達を突然見失った瞬間