Funktion-One 新しいキラーサウンドシステム Vero をアナウンス


NEWS : FUNKTION-ONE 新しいキラーサウンドシステム VERO をアナウンス

サウンドシステム業界の中でも、桁外れの音質を誇るメーカーとして知られる Funktion-One。

英国生まれのFunktion-Oneは、金属製ドライバーの代替としての紙製のコーンやEQの不使用、そして、その総体的なシステムデザインなどの特徴で世間に知られ、ここ15年に渡り業界のスタンダードと言える地位を築いた、世界一流のサウンドシステムブランドの一つ。

そのスピーカーは、ラウドでありクリア、音の世界に没頭できると同時に広がりもあり、スムースかつ、タイトでパンチの効いたサウンドを生み出す。

そして、いよいよ、そのFunktion-Oneが、6年間かけて開発した新しいサウンドシステム Vero をデビューさせる。

この新しいシステムでは、スピーカー、アンプ、ケーブル、組立装置、ウォータープルーフカヴァー、そして、ソフトウェアを進化させ、あらゆるライブ会場に対応し衰えることない音質をはじめ、システムの組立から解体の簡易性まで、これまでのライブ環境における不満を徹底的に研究した「利便性、効率性、指向性を追求した、特性のある新しいレベルの音」を世界に提供する。

John Newshamと共にVeroの開発に携わるTony Andrewsは、この新システムのラウンチ前に下記の様に語った。

「現段階での私の観点からすると、この50年間のオーディオ業の歴史の中でも、このシステムは最も重要な開発の一つになり得ると確信している。
Veroの開発におけるこの6年間は、大きなチャレンジではあったが満足感に溢れた時間だった。
私たちは、いよいよ世界にこの Vero を導入し、このシステムが様々なライブ環境において発揮する真の能力が何かを知れる事を楽しみにしている。」

Veroのサウンドシステムは、来月4月5日から8日までフランクフルトで開催される Prolight + Sound で、その他のFunktion-Oneの新製品 Evo 7T と Evo 7E ラウドスピーカーと共に公開される予定だ。

Funktion-One Vero Sound System に関する更に詳しい情報は、こちら Funktion-One オフィシャルウェブサイトから。

Previous 偶然居合わせた二人のピアニスト
Next 2016-01-04 - Porn Sword Tobacco - Resident Advisor (RA.501)