今シーズンを最後にSPACE IBIZAを去るCarl Cox が語る


NEWS : 今シーズンを最後にSPACE IBIZAを去るCARL COX が語る

既に知られている通り、Carl CoxのSPACE IBIZAレジデンシー15年の歴史は、今年を最後に幕を降ろす。

先日Coxは、The Guardianのインタビューにて、過去のSPACE IBIZAは「まるで現在のベルリンに位置するBERGHAINの様だった」と、以下のように語った。

Carl Cox:
「1990年代のSPACE IBIZAでは、カメラを持ち込むことは出来ず、クロークに預ける必要があったんだ。
だから、クラブのど真ん中でセックスしようと思ったら、全く問題もなかった。

あの時のSPACEは、他のクラブと比べても異彩を放っていて、皆、自分自身を完全に解放する事ができたんだよ。
90年代のThe Manumission nightでは、ステージでライブセックスショーがあって、毎週1万人くらいの人々がクラブに入っていた。」

 

SPACE IBIZA – 1995

 

そして、現在のイビサ島についても語る。

Carl Cox:
「今のイビサ島は昔と比べると、とても保守的になった。
DC−10では、キャットウーマンのような格好をしたり、何の目的や理由もないのに変わったドレスアップをしている。そして、Richie Hawtinが主催するパーティーでは、みんな真っ黒な服を着ている。
まるで、誰か死んだのかい?って感じだよね。」

「僕たちは、90年代のイビサと共に育ってきた。
それは、人々の温かい愛情に満ちた特別な夏、特異性を尊重し合い、皆の顔に笑顔があふれていた。
僕は、あのクラブで、いくつもの人生最高の夜を過ごしてきた事を決して忘れずに去りたいと思う。」

キングCarl Coxが、変わり行くイビサ島について語ったのは、今回が初めてではない。
何百というパーティーでプレイをし、10年以上もイビサ島のシーンを直に見続けてきた彼だからこそ、深く思うところもあるはずだ。

現代のダンスミュージック界における伝説のDJの一人、Carl Coxは、今年9月20日を最後にSPACE IBIZAを去る。

Cox、SPACE IBIZA最後のプレイを聴くなら、今年こそイビサへ…

 

Carl Cox | Space Opening Party (Ibiza) DJ Set

 

関連記事: CARL COX 引退なのか

Previous Helen Owen
Next March 8, 1982 'The Birth of Scratching'  スクラッチはこうして生まれた