神懸かりと大絶賛されたイヤープロテクションが私たちの耳を守る


クラブやライブコンサートへ行けば、体で感じるあのド迫力のな音。
一度あの感覚を味わってしまうと、どうしても日常イヤホンで聴く音楽のヴォリュームも上げてしまう事もある。

しかし、実は大音量で音楽を聴き続けることで、私たちの聴覚はかなりのダメージを負っていて、それが原因と考えられる聴覚障害の事例は数多いのだ。

Night Club party

クラブやコンサートに行って2、3日経っても、耳の奥にある違和感や耳鳴りが解消されなかった経験がある人は、少し真剣に自分の聴覚の安全性に対する意識を高める必要がある。
まだ、若いうちだから良いもの、50代、60代となった時に、目の前で話している人の会話がクリアに聞こえなかったり、思いっきりそのツケを払うことになるかもしれない。

 

そこで、今回は私たちの耳を大音量から守る高性能イヤープロテクション、EarPeace (イアーピース)をご紹介しておこうと思う。

Earpeace3

 

このアメリカで生まれたEarPeace (イアーピース)は、口コミで評判となり、現在アメリカはもちろん、ヨーロッパの著名なフェスティバルでも採用されているイヤープロテクションだ。
また、日本上陸した際には、神懸かりと大絶賛されている。

近所のドラッグストアなどで安く購入することができるフォーム型耳栓は、旅行や安眠を求める際には有効だが、このEarPeace (イアーピース)は、そんな物とは全くレベルの違う性能を持っている。

約17dbの遮音性により音圧を約75%カットし、耳を保護しながら、同時に音楽や会話を違和感なく楽しむこと出来る。
また、少しランクが上のEarPeace HD は、交換可能な二種類のフィルターとなっており、遮音性の調節が可能、利用するシーンによってフィルターを選び、より適切な耳のケアが可能となっている。

素材は低アレルギー性シリコンで作られており、ソフトなシリコン製のため、人混みなどにおいて万が一の追突に対しても安全なので、クラブやコンサートで使用する人達の事もしっかりと考慮されているようだ。

そして、何よりこの価格の安さも驚きだ。
一番安い EarPeace Ear Plugs は、¥1,944。
そして、少しランクが上の EarPeace HD Ear Plugsでも、¥2,262程度でネットから購入できる。

カスタムメイドの耳栓の品質は確かに優れているが、仮にそんなものを購入するとなると1万円は超えてしまうのではないだろうか。

あまり世の脚光を浴びる様な商品ではないが、ミュージシャンやDJ、クラブスタッフやバーテンダー、イベント会場スタッフや警備員、そして、工場や工事現場で働く人達は、ポケットにこのEarPeaceを入れておいても、決して損はしない物のように思う。

将来の自分の耳を守ることを考えると、値段的にもかなり安い投資なはず。
試しに、一度使ってみるのも良いだろう。

news130326_earpiece_main

更に詳しい商品情報は、こちら EAR PEACE オフィシャルウェブサイトから。

なお、購入はアマゾンからも可能となっている。

EarPeace Ear Plugs

EarPeace HD Ear Plugs


関連記事:「現在 約11億人の若者が聴覚障害のリスクにさらされている」

Previous Gabrielle Epstein
Next The Eye Candy Collection 13