Discogs 2015年の売上が4,300万ドル超 世界的にヴァイナルセールスが上昇中 


Discogs

世界的にも知名度があるオンラインカタログ・ショップ Discogsが、今年2015年だけで、4,300万ドル超(約53億円)の売上を計上していることが、Billboard(米国の週刊音楽業界誌)により明らかとなった。

この売上の内訳としては、レコード 250万枚以上、CD 50万枚、カセットテープ 5万枚。
ヴァイナルの売上が79%、CDの売上が18%、カセットテープの売上は1.4%を占めることになる。

この数字を見れば、近年、世界的にヴァイナルセールスが上昇してることは一目瞭然。

特にアメリカでは、過去25年間で最高の売上を記録している。

そして、ヴァイナルの平均価格も上昇しており、2010年は10ドルだったのが、昨年には13.37ドルとなっている様だ。
今年で設立15周年を迎えたDiscogsにとっては、このヴァイナルブームは嬉しい限り。

Vinyl

ヴァイナルに刻み込まれる音の情報量は膨大で、人間が聞こえないはずの、22,000Hz以上の周波数さえ録音されており、原音に忠実と言われている。

また、トーンアームやターンテーブルの共振音が付加され、軽いエコー状態の付帯音もあるため、「あたたかみがある音」、「いい音」に聞こえるとも考えられている。

ハイレゾサウンドなど、デジタル化された高音質な音がマーケットに出回る中、今後、私たちは更なる高音質へのこだわりを追求して行くのかもしれない。

(Source RA)

Previous KARLA BODYCOTE
Next CAMILA MORRONE