賛否両論? Daft PunkのGrammy Awards 2017 ライブパフォーマンス


先週末2月12日(日)に開催された「Grammy Awards 2017」。
カナダ人シンガー’The Weeknd’と共に、2014年ぶりにライブパフォーマンスを行ったDaft Punkだが、そのパフォーマンスに関しては賛否両論となっている。

これまでのダンスミュージック史の中でも、偉大なミュージシャンとして評価されるDaft Punkなだけに、今回のライブパフォーマンスにはファンからの大きな期待があったのかもしれない。

パフォーマンスの内容は、’The Weeknd’が熱唱する中、Daft Punkは何らかのコントールに触れているだけといった感じだった。

あくまで、’The Weeknd’がメインとなるこのパフォーマンスだったのだろうか、独創性に満ちたDaft Punkらしさはそこに無かった様に感じられる。

「Grammy Awards 2017」の様子はこちらの動画から。

Previous ロンドンにオープンしたニューヴェニュー 'Printworks'  各メディアから高評価
Next ベルリン Berghain 3つ目となる新フロアを開設