英スーパーマーケットTescoに届いたバナナの箱の中から、末端価格1億円以上ものコカインが見つかる。


先日、イギリス・ウォーキンガムのスーパーマーケットTescoで、末端価格、約1億円以上にもなるコカインがバナナの箱の中から発見された。

発見者は、なんとTescoで働く従業員。
南アメリカから輸入されてきたバナナの箱の中に、各1キロになる白い粉が入った5つの袋を発見したと言う。

Tescoのウェブサイトによると、これら、大半のバナナの輸入元はコスタリカの農園で、一度イギリスの流通センターに輸送されてから店に配送されるとの事。

昨年は、ドイツ・ベルリン市内のスーパーマーケット5ケ所で、末端価格、約8億5200万円にもなる、計140キロのコカインが発見されている。
そして、この密輸手口も全く同じバナナの箱の中。
中には、プラスチック製のバナナの容器の中に入れられて密輸される手口もあるという。

そして、今回のイギリスへの密輸も、まるで警察に恥をかかせるかの様に、全く同じ手口が使われる事となった。

ヨーロッパでは、宝くじを買うよりスーパーマーケットでバナナを買った方が良いのかもしれない。

(Source London Evening Standard, Reuters)

Previous Amsterdam Dance Eventが、今年度の豪華ラインナップを公開。
Next まだまだ、切れ味抜群のお父ちゃんダンス!