本日17日、改正風営法が成立。 クラブ営業24時間可能に。


本日、6月17日にクラブなどダンス営業の規制を緩和する改正風俗営業法が、参院本会議で可決、成立した。

現行法は客に踊りや飲食を提供するクラブの営業を原則午前0時までに制限しているが、改正法では店内が一定以上の明るさなら風俗営業から外し、24時間営業できるようにするとの事だ。

1948年施行の風営法は、これまでダンス営業を厳しく規制してきた。改正法は近く公布され、2016年以内に施行される予定。

午前0~6時に酒類を出す店は新たに「特定遊興飲食店営業」と分類され、都道府県公安委員会の許可制となる。

 

 

改正風営法

 

さて、いよいよ、ここ日本からも東京を中心に、世界のダンスミュージックシーンを牽引することになる、ディープなクラブシーンを持つ都市が生まれてくる事なりそうだ。

24時間営業ライセンスが取得可能な多くのクラブがある世界の都市、ベルリンやアムステルダムに全く引けを取る事のない、個性溢れるクラブシーンを持つユニークな都市が、今後ここ日本から生まれてくる事に期待したい。

 

 

Previous Boiler Roomのカメラは全てを記録している。PART1
Next ライフガードが溺れかけた子供を救う