オランダで世界初のMDMAショップが本日オープン

世界中が驚きを隠せないこのニュースだが、本日(5/18)にオランダの自由民主党青年局が世界初となるMDMAショップをアムステルダムにオープンする。

このショップは、MDMA使用者への危険性の警告と、その使用におけるリスクを削減するための教育が目的とされている。

ショップは本日一日のみ、午前11時(現地時刻)からアムステルダムの中心地でオープンされる。

この様なショップがアムステルダムでオープンされるきっかけとなったのは、昨年2014年に、アムステルダムのADE (Amsterdam Dance Event)で、MDMAの使用が原因と疑われる3人の死者が出たとても残念な事件が関係している。

ここ日本でも、危険ドラッグの使用が深刻な問題となっており、昨年2014年のデータを見る限り、その使用が原因と疑われる死者数は100人を越えている。

たとえ、それが合法であろうと違法であろうと、死に至る危険性のあるドラッグを人々が簡単に手に入れる事が出来る環境があるならば、その対策として、使用におけるリスク教育の必要性を重視しこうしたショップをオープンさせるオランダの考え方は、先進的と世界中で評価されている。

日本でも、これから将来のある若者たちを守っていくためにも、規制ばかりに力を入れるのではなく、彼らが自分自身でそのリスクを判断できるような教育が受けれる環境を、もっと身近な場所で提供していく事が今すぐに必要なのかもしれない。

アムステルダムでオープンされるショップの詳しい情報は、MDMJA.nlのサイトから。

 

By | 2016-11-25T03:44:11+00:00 5月 18th, 2015|MUSIC, News, Blog|オランダで世界初のMDMAショップが本日オープン はコメントを受け付けていません。