エレクトニックミュージック業界で成功を収めているDj達の意外な前職 Steve Aoki編


 ワールドツアーを行っている有名なDj達も、エレクトニックミュージックの業界で成功を収めるまでは、今からではなかなか想像がつかない意外な仕事をして生活していました。
 世界中で活躍する有名Dj達の意外な前職の紹介、まずはSteve Aokiです。
 
 Steve Aoki
 前職:株式会社Benihanaの後継者およびキッチンヘルパー
 
 そうです。ケーキを観客に投げつける事で世界一有名なDj、Steve Aokiは、実は世界展開する鉄板焼きレストラン、Benihana創設者、青木湯之助の息子です。
 Steve Aokiによると、父親にはレストランでの全ての仕事をやらされたそうです。
 
 「父は俺に一円たりともくれなかった。父は全くのゼロから会社を作り上げた人だから、その考えや、方法を俺たち息子にも学ばせたかったんだと思う。俺の初めての仕事は、Benihanaのキッチンのヘルパーだった。学校に通っている時は、テレマーケティングをやったり、バイクメッセンジャーの仕事もやったよ。」
 
 今では、世界で最もリッチなDjの一人、Steve Aoki。
 2014年には2300万ドルを稼いだと推測されています。
 The New York Timesが推測した情報によると、2000年のBenihanaの純資産は、3000万ドル~4000万ドルです。

 プレイや音楽の質はどうあれ、これだけ稼ぐAokiさんはやっぱりスターです。

Previous Chelsea(チェルシー)ファンの露骨な人種差別
Next 放送事故 - BBCのリポーターが麻薬取締の取材中に様子がおかしくなる