アムステルダムのクラブシーンが、今後もその熱を増していく。


アムステルダムのクラブシーンのトップの座についていたクラブ Trouw が、今年の1月に閉店した事をきっかけに、アムステルダムのクラブシーンが新たな動きを見せている。

RadionCruquiusgilde、そして、まだ具体的な情報が明らかとなっていない新店舗が、24時間営業のライセンスを取得しようとしている。

既に、アムステルダムの市長エバハート ファン・デル・ラーンが、上記3店舗のライセンス取得について、許可をする意向を示しているため、現状としてはとてもポジティブだ。
現時点で正式な許可は下りていないものの、市長の決定次第では、アムステルダムで24時間営業のライセンスを持つクラブは、既にライセンスを取得している TolhuistuinTower Overhoeks NorthVan を合わせて、計5店舗となる。

今回、ライセンスを取得しようとしているクラブのうち2店舗の RadionCruquiusgilde は、いずれも2014年と2013年に営業を開始した新しいクラブで勢いもある。
そして、まだ具体的な情報が明らかとなっていない3店舗目に関しては、アムステルダムの西側に位置する大学跡地にオープンされる予定となっている。 Het Parool(アムステルダムのメディア)の情報によると、このクラブは今年1月に閉店した老舗クラブ Trouw のスタッフが運営に関わっているようだ。

Amsterdam 2

Amsterdam 3

先日の記事「世界のダンスミュージック主要都市 トップ20」でも、4位に位置づけている都市アムステルダムだが、近い未来、ベルリンを越える世界のダンスミュージックシーンの中心地となっていくのかもしれない。

パーティーをメインにヨーロッパ旅行に行くなら、アムステルダムは絶対にリストから外せない都市だ。

「世界のダンスミュージック主要都市 トップ20」の記事はこちらから

Previous サラッと美しいレイディーの心を奪う男の子
Next 海外ビール会社の面白いコマーシャル