あなたの冒険心をくすぐる世界のコアなミュージックフェスティバル トップ12


先日、アメリカのカルフォルニアで開催されたCoachella Festival やネバダで8月末に開催されるBurning Man Festival、そして6月末に開催されるイングランドのGlastonbury Festivalなどは、メインストリームな超大型ミュージックフェスティバルとして、世界中でも知られている。

大規模なフェスティバルでは、充実した飲食店、数万人にもおよぶ観客のエネルギーや上質な音響設備、そして超一流のビッグアーティスト達の驚愕のラインナップ等が期待できるのは確かだ。

しかし、大規模フェスティバルに参加すれば、必ずそこで素晴らしい経験ができるとも限らない。

あなたが行ったこともない国や活気あふれる魅力的な街、言葉を失うような美しい自然の中で開催されているミュージックフェスティバルは、世界にはまだまだ多く存在している。

未知の世界を旅すれば、あなたの前にもっと多くの景色が広がる。
今回は、まだそこまで知られていない、あなたの冒険心をくすぐる世界のお勧めミュージックフェスティバル トップ12をご紹介していく。

 

groove-fest
1. Groovefest

開催地:Puerto Plata, Dominican Republic(プエルトプラタ、ドミニカ共和国)
開催日時:2015年9月6日~13日

フェスの魅力:

世界で最も美しい海の一つカリブ海、そして太西洋の海に挟まれるドミニカ共和国。
青い海が広がるビーチサイドでロブスターやバラクーダを食べた後は、この土地で作られるラム酒のカクテル、モヒートを片手に音楽に身を任せるのはどうだろう。
既に入ってきている情報によると、今年のGroovefestのラインナップはSkream、 Osunlade、 MK、 Kolsch、 Lee Foss、 Kevin Saunderson、 Kenny Dope、Green Velvet、Doorly、DJ Pierre、そして Art Departmentの名が挙がっている。
カリブ海の観光地といえばメキシコのカンクンなどが有名だが、このGroovefestの開催に合わせて、未知の世界ドミニカ共和国へ旅をしてみるのも最高の思い出となるはずだ。

さらに詳しい情報はGroovefestホームページから。

 

Sunwaves-12

2.  Sunwaves Festival

開催地: Mamaia North, Romania(ママイア北部、ルーマニア)
開催日時:2015年4月30日~5月3日(2016年も同時期に開催予定)

フェスの魅力:
東欧ルーマニアでは最も規模の大きいエレクトロミュージックフェスティバルとして知られるSunwavesは、これまで17回も開催されている非常に質の高いミュージックフェスティバルだ。
日本人アーティスト田中フミヤ氏もベルリンに拠点を移して以来、頻繁にこのフェスティバルでプレイをしている。
残念ながら2015年度のフェスは先日終わってしまったが、Carl Cox、Marco Carola、 tINI、Petre Inspirescu、Taimur、そして Rareshなどのビッグネームが最高のプレイをしている。
今、世界中のアンダーグラウンドシーンから注目されている緻密でディープなグルーヴを持つルーマニアのダンスミュージックが好きならば、来年のSunwaves Festivalは絶対に見逃せない。

さらに詳しい情報はSunwaves Festivalホームページから。

 

Life-Festival

3. Life Festival

開催地: Belvedere House, Westmeath, Ireland(ベルヴェディア ハウス、ウェストミース、アイルランド)
開催日時:2015年5月29日~31日

フェスの魅力:
地平線まで広がるのどかな牧草地や妖精が出てくるような神秘的な森が今でも残されている国アイルランドは、とても自然が美しい国だ。そして、もちろんあのギネスビールの発祥の地である事も忘れてはいけない。
このLife Festivalは、アイルランドの透き通った美しい湖の脇にそびえる城の前で開催される。
2015年のラインナップは、Squarepusher、Siriusmodeselektor、 Pantha du Prince、Robert Hood、Ben Klock、Rødhåd、Kolsch、Âme、Ben UFOなどの一流アーティスト達の名が挙がっているので、Life Festivalは年々その勢いを増しているように感じる。
今後、注目のヨーロッパフェスであることは間違いない。

さらに詳しい情報はLife Festivalホームページから。

 

barrakud_FES_8

4. Barrakud Festival

開催地: Kerkyra, Corfu, Greece(ケルキラ島またはコルフ島、ギリシャ)
開催日時:2015年7月29日~8月2日

フェスの魅力:
ヨーロッパに住む人々に言わせると、ギリシャのエーゲ海に浮かぶ島々はイビサ島よりも美しいと言う人も多い。海の美しさばかりではなく、ギリシャの歴史の面影が未だに残るロマンティックな雰囲気もここにはあるのかもしれない。
残念ながら、ここ最近ギリシャの島々で開催されているミュージックフェスティバルは、ラインナップの質も悪く、あまり良い評判を聞くことはなかった。
しかし、このBarrakud Festivalは、一味違うようだ。
2015年のBarrakud Festivalのラインナップには、DJ Koze、DJ Tennis、Ellen Allien、Lone、Midland、Rødhåd、Scuba、そして Soul Clapなどのトップアーティスト達の名が挙がっている。
ギリシャの歴史を感じながら、美しいエーゲ海を前に近未来のエレクトロミュージックに身を任せて踊るのは、なかなか贅沢かもしれない。

さらに詳しい情報はBarrakud Festivalホームページから。

 

Southern-Soul-Fes
5. Southern Soul Festival

開催地:Dolcinium Kite Club, Ulcinj, Montenegro(ドルチェニウムカイトクラブ、ウルツィニ、モンテネグロ)
開催日時:2015年6月25日~28日

フェスの魅力:
ヨーロッパ南東部バルカン半島に位置する美しい国、モンテネグロで開催されるSouthern Soul Festivalは、ミュージックマガジン等で取り上げられてはいるものの、まだ世界には知られていないフェスティバルだ。
今年のSouthern Soul Festivalのラインナップは、Ron Trent、DJ Spinna、Gilles Peterson、Jeremy Underground、Max Graef、Detroit Swindle、Alexander Nut、Red Rack’Em、そして Romareとなっている。
たとえ、このフェスに参加しなくても、この素晴らしく美しいモンテネグロには、一度は訪れてみたい。
最近人気の観光地、クロアチアのドゥブロヴニクもモンテネグロのすぐ近くなので、バルカン半島を周る良い旅のプランが立てられそうだ。

さらに詳しい情報はSouthern Soul Festivalホームページから。

 

flow_n

6. Flow Festival

開催地:Tobačna mesto, Ljubljana, Slovenia(トバクナ メスト、リュブリャナ、スロヴェニア)
開催日時:2015年6月26日~28日

フェスの魅力:
フィンランドのヘルシンキで開催されるFlow Festivalは、ここスロヴェニアでも開催されているミュージックフェスティバルだ。
スロヴェニアで開催されるFlow Festivalの今年のラインナップは、Pet Shop Boys、Róisín Murphy、Metronomy、Caribou、Âme、 Dixon、DJ Koze、 Derrick May、 Hunee、そして Run The Jewelsとなっており、エレクトロミュージック以外のジャンルの音楽も十分楽しめそうだ。
フィンランドのFlow Festivalへ行ったことがある人は、物価も比較的安いスロヴェニアで開催されるFlowも要チェックだ。
またスロヴェニアに行く際は、ブレッド湖に浮かぶ聖マリア教会を観光で訪れておきたい。

さらに詳しい情報はFlow Festivalホームページから。

 

Outline

7. Outline Festival

開催地:Moscow, Russia(モスクワ・ロシア)
開催日時:未発表

フェスの魅力:
ロシアと聞くと政治的な観点で少し身構えてしまう人もいるかもしれないが、実はこのロシアには、世界中から多くの観光客が訪れている。
しかし、この国に訪れる際はあまり無茶な行動は控えた方が良いのかもしれない。
昨年のOutline Festival は、2日間に渡ってモスクワ川に浮かぶ人工島を舞台に開催された。今年度の開催地と開催日は、残念ながらまだ明らかにされていないが、昨年同様、かなり質の高いフェスティバルとなることが期待されている。
2014年のOutlineでは、Ricardo Villalobos、Ben UFO、Nina Kraviz、Max Loderbauerなど文句の付けどころがないトップアーティスト達がブッキングされているため、今年のラインナップも心配はないだろう。

さらに詳しい情報はOutline Festivalホームページから。

 

Extrema

8. Extrema Outdoor Festival

開催地:Kelchterhoef, Belgium(ケルスターフーフ・ベルギー)
開催日時:2015年5月22日~24日

フェスの魅力:
ハウス、テクノミュージックがこよなく愛されているベルギーで開催されるExtrema Outdoor Festivalは、もともと1996年にオランダのアムステルダムで生まれたフェスティバルだ。
2011年からベルギーで開催され始め、今年で5年目を迎えるこのフェスは年々その勢いを増している。
2015年のラインナップには、Adam Beyer、Dave Clarke、Len Faki、Marcel Fengler、そして Marco Baileyなどのテクノシーンを代表するトップアーティスト達の名が挙がっている。

さらに詳しい情報はExtrema Outdoor Festivalホームページから。

 

Into-the-Valley

9. Into the Valley

開催地:Dalhalla Rättvik, Sweden(ダルハラ、ラトヴィック・スウェーデン)
開催日時:2015年7月31日~8月1日

フェスの魅力:
スウェーデンのダーラナ地方、ラトヴィックにある美しい野外劇場ダルハラで開催されるフェスティバルInto the Valley。
爽快な北欧の今夏を楽しませてくれるのは、Four Tet、DJ Koze、DJ Harvey、Dixon、Ricardo Villalobos、そして Ben Klock。テクノとハウスのバランスがうまく取れたラインアップとなっている。
世界でいちばん美しい水の都と言われる首都、ストックホルムのクラブシーンも洗練されているので、Into the Valleyに参加した後は、ストックホルムで何泊かするのも良いかもしれない。

避暑地の北欧でパーティー三昧もなかなか魅力的だ。

さらに詳しい情報はInto the Valleyホームページから。

 

chemical-music-fes

10. Chemical Music Festival

開催地:Rio de Janeiro, Brazil(リオデジャネイロ、ブラジル)
開催日:未発表

フェスの魅力:
ブラジルで最も規模の大きいエレクトロミュージックフェスティバルの一つChemical Music Festivalは、ビーチに囲まれる美しい都市リオデジャネイロで2日間に渡って開催される。
過去のフェスには、Magda、Kaskade、Tale Of Us、そして Gui Borattoなどのトップアーティスト達が出演しているが、今年はEDMのキングHardwellの出演が噂されている。
サッカーのワールドカップで、日本でも話題となったブラジルだが、シュハスコの肉でエネルギーを蓄えた後は、リオのカーニバルエレクトロ版の情熱的なフェスへ出陣だ。

さらに詳しい情報はChemical Music Festivalホームページから。

 

mysteryland

11. Mysteryland Festival Chile

開催地:Pacarquín Mostazal, Chile(パカルキン モスタサル、チリ)
開催日:未発表

フェスの魅力:
オランダ発祥のミュージックフェスティバルブランドMysterylandが、この南米チリでもフェスを仕掛ける。
このMysterylandの魅力といえば、手が込んだフェスのデコレーションとライトショーだ。
2015年度のラインナップ情報はまだ入ってきていないが、世界中のトップアーティストが集結する南米注目のフェスとなる事は間違いない。
また、日本から遥々南米チリまで旅をするのであれば、世界遺産でもあり世界七不思議の一つでもある、イースター島に残された800体を越す巨石像モアイも必ず見ておきたい。

さらに詳しい情報はMysteryland Festival Chileホームページから。

 

timewarp2012_buenos_70

12. Time Warp

開催地:Buenos Aires, Argentina(ブエノスアイレス・アルゼンチン)
開催日時:2015年4月17日~4月18日(来年も同時期に開催予定)

フェスの魅力:
残念ながら、4月という早い時期に既に開催されてしまったBuenos AiresのTime Warp。
このTime Warpは、もともとテクノ先進国ドイツ発祥のフェスティバルで、本拠地ドイツ・マンハイムのTime Warpは、世界中からテクノファンが集まる世界最高峰のテクノフェスティバルとして知られている。
また、オランダ・ユトレヒトやアメリカ・ニューヨークでもTime Warp は開催されており、テクノカルチャーを世界へ広める代表的なフェスティバルブランドだ。
ブエノスアイレスで開催されるTime Warpは、今後、南米のテクノシーンに大きな影響を与えていくことは間違いない。
テクノミュージックに飢えた南米の人々が、このブエノスアイレスに集まり、来年もその凄まじいパワーでフェスを盛り上げるだろう。

さらに詳しい情報はTime Warpホームページから。

Previous 初めて自分が猫だと気づいた決定的瞬間をカメラが捕らえる!
Next 超ヘタクソ猟師  対  間抜けな鹿!